ニュース

1月のおはな

研究開発・学会発表の更新を致しました。

第20回 日本IVF学会学術集会

「精子の運動機能解析結果に基づいたARTにおける受精率予測式の樹立」はこちらから、

「2種類のSingle mediumを用いた胚培養成績の比較検討」はこちらから、

第62回日本生殖医学会学術講演会

「Sperm Motility Analysis System (SMAS)を用いた精子機能評価と体外受精における受精率の関係」はこちらから、

「2種類のSingle mediumを用いた胚培養成績の比較検討」はこちらから、

第73回 米国生殖医学会議(ASRM2017)

「Clinical value of the newly developed nomogram predicting the fertilization outcome in assisted reproductive technology (ART).」はこちらからご覧ください。