当院について

12月のおはな

プレスリリース

当院が紹介された、また寄稿した文献が紹介されたメディアです。

女性のための健康生活マガジン『ジネコ』 2011WINTERのイメージ画像

女性のための健康生活マガジン『ジネコ』 2011WINTER

「精子の活性化因子について教えてください。今後の治療はどうすべき?」(本誌p.84)という内容について、院長 塩谷雅英医師がお話させて頂いております。
本誌は院内 パンフレットラック、4階待合室に設置しておりますのでご自由にお持ち帰り頂けます。

Hanabusa with Jineko.net/のイメージ画像

Hanabusa with Jineko.net/

当院の治療方針が『Hanabusa with Jineko.net/』として冊子になりました。
「受診にあたっての検査や治療方針」、「不妊症の検査」、「不妊症の原因と一般治療」や「最先端の高度治療」、「不育症」についての内容となります。
院長 塩谷雅英医師のインタビュー記事やコラムをメインに構成されておりますので、通院をご検討中の方や当院の治療方針を知りたい方にはおすすめです。
本誌は院内 パンフレットラック、4階待合室に設置しておりますのでご自由にお持ち帰り頂けます。
こちらから無料で申し込みも可能となります。

 

 

女性のための健康生活マガジン『ジネコ』 2011 AUTUMNのイメージ画像

女性のための健康生活マガジン『ジネコ』 2011 AUTUMN

「サプリメントについてどうお考えですか?」という内容について、院長 塩谷雅英医師がお話させて頂いております。
本誌は院内 パンフレットラック、4階待合室に設置しておりますのでご自由にお持ち帰り頂けます。

女性のための健康生活マガジン『ジネコ』 2011 SUMMERのイメージ画像

女性のための健康生活マガジン『ジネコ』 2011 SUMMER

「妊娠のための体づくりをサポートする 大豆イソフラボンの働き」「2人目、3人目のために受精卵の凍結をしたいです 技術的に可能ですか?」という内容について、院長 塩谷雅英医師がお話させて頂いております。
本誌は院内 パンフレットラック、4階待合室に設置しておりますのでご自由にお持ち帰り頂けます。

女性のための健康生活マガジン『ジネコ』 2011 SPRINGのイメージ画像

女性のための健康生活マガジン『ジネコ』 2011 SPRING

「卵子が変形してしまう・・・質をよくするには?」という内容について、院長 塩谷雅英医師がお話させて頂いております。
本誌は院内 パンフレットラック、4階待合室に設置しておりますのでご自由にお持ち帰り頂けます。

ふたりで取り組む 赤ちゃんが欲しい人の本のイメージ画像

ふたりで取り組む 赤ちゃんが欲しい人の本

院長 塩谷雅英医師が監修いたしました書、
「ふたりで取り組む 赤ちゃんが欲しい人の本 ~妊娠力アップから不妊治療まで~」が発売となりました。
こちらでは「もしかして不妊症?」と思われた方へ「妊娠力の高いからだをつくる」ことから、
不妊治療の基礎知識、不妊検査、一般不妊治療、体外受精と高度医療までご説明しております。
院内でも販売しておりますので、購入ご希望の方はフロントへお声かけ下さいませ。
監修 :英ウィメンズクリニック 院長 塩谷雅英
発行所:西東社
定価:1,365円
(当院受付では1,000円にてお買い求め頂けます。 )

女性のための健康生活マガジン『ジネコ』 2010 WINTERのイメージ画像

女性のための健康生活マガジン『ジネコ』 2010 WINTER

「着床と同調について」という内容について、院長 塩谷雅英医師がお話させて頂いております。
本誌は院内 パンフレットラック、4階待合室に設置しておりますのでご自由にお持ち帰り頂けます。

女性のための健康生活マガジン『ジネコ』 2010 AUTUMNのイメージ画像

女性のための健康生活マガジン『ジネコ』 2010 AUTUMN

「自然妊娠は諦めて体外受精をしたほうがいいでしょうか?」という内容について、院長 塩谷雅英医師が、「現場の先生に聞く!PCOS治療の可能性」について医長 水澤 友利医師がお話させて頂いております。

本誌は院内 パンフレットラック、4階待合室に設置しておりますのでご自由にお持ち帰り頂けます。

女性のための健康生活マガジン『ジネコ』 2010 SUMMERのイメージ画像

女性のための健康生活マガジン『ジネコ』 2010 SUMMER

「日本ではできない?後期精子細胞を用いた顕微授精」「女性の体に冷えは大敵!夏は冬以上に冷え対策が必要」という内容について、院長 塩谷がお話させて頂いております。
本誌は院内 パンフレットラック、4階待合室に設置しておりますのでご自由にお持ち帰り頂けます。

セラピスト 2010年2月号 Vol.47のイメージ画像

セラピスト 2010年2月号 Vol.47

当院のアロマセラピスト、阿江未也子さんが「医療現場のセラピストの役割」という特集にて紹介されました。 「手を差し伸べたその瞬間 患者さんの心の扉が開く」阿江 未也子さんの言葉です。