不妊治療の知識

10月のおはな

カウンセラー・ナースコラム

カウンセラー・ナースコラム

遺伝的要因から不妊のカウンセリングを行う遺伝カウンセラー、心の専門家である心理カウンセラーからお届けするコラムです。
遺伝カウンセリング、心理カウンセリングの予定はこちらからご覧頂けます。

ナース:第63回『英の輪』を開催いたしました(2015年2月)

2月19日(木)に第63回『英の輪』を開催いたしました。
今回のテーマは『40才以上のみなさまあつまれ~・・・』でした。

【話題に上がったこと】
(治療について)
・クリニックの待合で同年代の人に話しかけたいと思うけれど、なかなか話しかけづらい。2014-10-02_144041_jpg_pagespeed_ce_IAxJPaY2W1.jpg
・同じ年代の人じゃないと、抱えている悩みのポイントが違う気がする。
・自分よりも年齢の高い人が頑張っているのを見ると励みになる。
・次の周期は治療を休もうと思っていたけれど、先生から採卵することを勧められた。自分で決めないといけないのは分かっているけど、どうしたらいいの…。
・頑張っているのに報われないところが辛い。
・治療をやればやるほど、こればっかりはどうしようもないと思えてくる。
・受精卵を貯めても着床しないと意味がない。
・出生前診断が気になる。
・知識が増えれば増えるほど悩むことが増える。
・言われたらショックを受けると思うけれども、先生から現実的なことを言ってほしいと思うことがある。
・治療の引き際も考えている。

(夫婦や家族にまつわる話題について)
・夫は採卵日当日には可能な限り付き添ってくれる。
・2人で治療していることを意識してもらいたい。自己注射しているところを見てもらったら、いかに治療が大変なのかということを分かってくれた。自分一人でやっていると思ったら辛い。
・夫と話してもわかりきれないところがある。

(仕事と治療の両立について)
・正社員で働いていたが、治療を優先するために辞めた。
・仕事を辞めて一人の時間ができると、治療のことをずっと考えてしまうんじゃないか心配。
・パート勤務しているけれど、治療の予定が急にたつので両立が難しい。
・この年代の就活は難しい。

(当院について)
・友達が通っていたので自分も通うことにした。
・友人の紹介で通院をきめた。
・距離が近いので英に決めた。


★患者様の声 アンケートから
「あなたのイメージすることやお考えを自由にお聞かせ下さい。」
◎あなたにとって夫婦とは…
・支え合える、無くてはならないもの
・(けんかもするが)支え合える相手
・運命共同体
・他人だけど縁のあった人
・今の相手でないと成り立たない
・一番の理解者

◎あなたにとって子どもとは…
・2人の愛。絶対欲しいもの
・この世になくてはならないもの
・かけがえのない命
・宝
・2人の宝
・夫婦2人にとってのかけがえのないもの

◎あなたにとって家族とは…
・宝物
・あたたかい陽だまりのような存在
・しあわせ
・この世で最も大切な存在
・一生いたい人々
・なくてはならないもの

【まとめ】
今回も前回と同様の「40代あつまれ」というテーマで開催させていただきました。参加人数は6名と、前回よりも若干少なかったですが、みなさまがこの会をとても楽しみに来てくださって、充実した時間を過ごすことができました。

同じ悩みを共有することで、心を休めてみませんか?
当日参加大歓迎ですよ~(^O^)
看護師・心理士ともお待ちいたしております。

治療がちょっとしんどいかな・・
こんな時みんなどうしてるんだろう・・
みんな・・気持ちは同じです(*^。^*)

『英の輪』で、みんなでお話ししましょう。
これからも『英の輪』がみなさまにとって心温まる場となりますように・・・(*^_^*)
ご参加いただきました皆さま、ありがとうございました。

看護師 豊 和美
心理士 金子 裕美・石橋 恵

hanabusanowa-toyosan.pnghanabusanowa-kaneko.jpghanabusanowa-ishibashi.jpg