不妊治療の知識

11月のおはな

理事長コラム

理事長コラム

当院理事長 塩谷雅英が毎日の診療の中、見えてきたこと、皆様に是非お伝えしたいことなどをつづったコラムです。

第91回 サプリメントについて(2016年1月)

 サプリメントというのは、食事で不足しているものを補うのが本来の姿です。しかし現代のような飽食の時代は、食生活の偏りによる栄養不足が問題になっていると思います。
まず、妊娠時において特に重要で不足しがちな栄養素の代表が葉酸です。葉酸は体づくりや胎児の先天性障害のリスク軽減に欠かせません。次に不足しがちなのはビタミンB・C、鉄、亜鉛、マグネシウム等です。これらは食生活がインスタント食品等に偏ると不足するので、サプリメントで摂るのは大変良いことだと思います。また、当院では受精卵に良い影響があるとしてビタミンDをお勧めしています。ビタミンDは摂取するのが難しい栄養素の一つなので、サプリメントの利用は有効だと思います。
 しかしながら、皆さんにお願いしたいのは、サプリメントばかりに頼りすぎずに、もう一度、規則正しい食事や生活習慣を見直してほしいということです。何より普段の生活習慣を大切にすることを忘れないでくださいね。

執筆:理事長 塩谷雅英