はなぶさ ブログ

12月のおはな

アルコールと妊娠の関係 その1

先日、妊活中にコーヒー摂取は1杯程度にとどめておく方が良いでしょうという記事(下に関連記事のリンクがありますのでご参照ください)をご紹介いたしましたが、

アルコールはどうなんでしょうか?

何となく良くなさそうですが、本当のところどうなのか、調べた研究をご紹介したいと思います。

Effects of alcohol consumption on female fertility during an 18-year period.

(アルコール摂取が女性の妊娠に与える影響、18年の前向き調査の結果)
この論文はスウェーデンのカロリンスカ研究所が2004年にFertility and Sterility誌に発表した研究です。

この研究では、スウェーデンに住む445,000人の中からランダムに選ばれた7393人の女性を18年にわたって追跡したデータを解析しています。
この研究ではアルコール摂取量に応じて少量、中等量、多量の3群に分けているのですが、その基準として、1週間にスピリット1/2本以上もしくはワイン2本以上飲んでいる方を多量と定義し、飲むけど週にワイン2本まではいかないという方を中等量、機会飲酒程度で1回の量もそれほど多くない方を少量と定義しています。

さて、結果はどうなっているのでしょう。

次回は結果についてお話させていただきますね。

 

以前の記事もあわせてご参照ください。

妊活中にコーヒーはダメ?

妊娠初期にコーヒーが及ぼす影響

アルコールは精子に悪い?

男性の精液所見に悪影響を及ぼす生活習慣は何か?

 

(文責:医師部門 江夏徳寿、理事長 塩谷雅英)