はなぶさ ブログ

5月のおはな

不妊治療でよく使われるHMGのお話 その1

今回からは「HMG」についてお話しします。

HMGは体外受精でよく使われる注射剤です。一般名(有効成分の名前)はヒト下垂体性性腺刺激ホルモンと呼ばれています。
まずは「HMG」とは何のことなのでしょうか?

human menopausal gonadotrophinの頭文字をとったもので、日本語に訳すとヒト閉経期性腺刺激ホルモンといった感じになります。

なぜそんな名前なのでしょう。

ヒトの性腺刺激ホルモンは脳の下垂体から出されるFSH(卵胞刺激ホルモン)、LH(黄体形成ホルモン)のことをいいます。
卵胞を育てたり、排卵を促したりするホルモンですね。

閉経後の女性は卵胞が発育しなくなり、卵巣からエストロゲンが出なくなります。
(量は少ないですがエストロゲンは副腎というところから出ています)
そのため、エストロゲンによるネガディブフィードバック(抑制)がかからず、常にFSH、LHは高い状態となります。
(ネガディブフィードバックについては、前回のクロミッド or レトロゾールで詳しくお話ししましたのでぜひご参照ください)

ですので、閉経後の女性の尿には多くのFSH、LHが含まれていて、そこから精製されて作られるのがHMG製剤なのです。
実際に使われたことのある方は、HMG製剤の容器に「生物」と表示されているのを見たことがあるかもしれませんね。

これは医薬品の区分のひとつで生物由来製品といいまして、原料に動物由来のものが使用されているという意味です。

HMGはヒトの尿から作られているんですね。

尿から医薬品というと、ちょっと・・・と感じるかもしれませんが、もちろんホルモンだけを精製していますし、既知のあらゆる感染源も除去されているので安心して使用できます。

次回にはHMGの特徴や使い方などをお話しできればと思います。

 

以前の記事はこちらからお読みいただけます。

不妊治療でよく使われるクロミッドのお話

不妊治療でよく使われるレトロゾール(フェマーラ)のお話

クロミッド or レトロゾール その違いは? その1

クロミッド or レトロゾール その違いは? その2

クロミッド or レトロゾール その違いは? その3

 

(文責:[生殖医療薬剤部門] 山本 健児 [理事長] 塩谷 雅英)