はなぶさ ブログ

2月のおはな

女性なのに男性ホルモンが多いってどういうこと? その1

不妊症の検査ではいくつかの採血検査を行いますが、その際普段の健康診断では測らない項目を調べる事もあります。

その一つに男性ホルモン(テストステロン)がありますが、

女性なのに男性ホルモンってどういうこと?

と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
今回は女性と男性ホルモンの関係についてお話ししたいと思います。
テストステロンは男性では主に精巣で作られ、女性では卵巣で作られます。(一部は副腎でも作られます)

上の図の様に卵巣では、卵胞が育っていき、風船が破裂するように排卵し、その後周りの細胞層は黄体となっていくというサイクルを繰り返しています。

上の図は時系列を模式的に描いたもので、実際には自然の月経周期では通常1個の卵胞が育ってきて排卵するため、色々なフェーズの卵胞が一度に観察されることはありません。

この卵胞発育の過程で、テストステロンがどのように作られるのか、女性における男性ホルモン(テストステロン)の値で何が示唆されるのか。

次回、そのお話をしたいと思います。

 

(文責:医師部門 江夏 徳寿、理事長 塩谷 雅英)