はなぶさ ブログ

5月のおはな

不妊治療でよく使われる点鼻薬のお話 その1

不妊治療で「点鼻薬」を使用された方もおられるのではないでしょうか。

点鼻薬というとなんとなくアレルギーの薬のようなイメージがあるかもしれませんね。

今回は「点鼻薬」ブセレリン(商品名スプレキュア ブセレキュアなど)についてお話しします。

富士製薬工業ホームページより

 

この薬はGnRH(ゴナドトロピン放出ホルモン)アゴニストといって、

脳の視床下部という場所から分泌されるホルモンGnRHの安定性などを少し改良したものになります。

ゴナドトロピンというのは脳の下垂体という場所から出されるFSH(卵胞刺激ホルモン)やLH(黄体形成ホルモン)のことで、

女性の場合は卵巣を刺激して卵胞を発育させたり排卵を起こすホルモンでしたね。

GnRHは下垂体に働きかけFSHやLHを出しなさいという命令を送るホルモンなのです。

その仕組みは以前の記事(クロミフェン or レトロゾールその違いは その1)で詳しくお話ししていますので参照してみてください。

さて、この薬は不妊治療でよく使われるのですが、とても不思議な薬なんです。

どこが不思議かといいますと、使い方によって作用が大きく変わってしまうのです。

極端にいうと同じ薬なのに全く逆の作用をすることになります。

最初にスプレーするとFSH、LHが分泌され上昇します。

この現象はフレアーアップといわれます。

この作用を利用した治療としては、

体外受精の排卵誘発で、マイルド法やアンタゴニスト法の時に採卵前にトリガーとしてLHサージを起こして卵子を成熟させる。

タイミングや人工授精の際、あるいは凍結融解胚移植の自然排卵周期においてLHサージをしっかり起こして排卵をさせる。

などがあります。

ここまでは本来のGnRHの作用を利用したもので、それほど不思議に感じることはないかもしれませんね。

次回は、これとは異なった使い方や仕組みについてお話ししたいと思います。

 

以前の記事はこちらからお読みいただけます。

不妊治療でよく使われるクロミッドのお話

不妊治療でよく使われるレトロゾール(フェマーラ)のお話

クロミッド or レトロゾール その違いは? その1

クロミッド or レトロゾール その違いは? その2

クロミッド or レトロゾール その違いは? その3

不妊治療でよく使われるHMGのお話 その1

不妊治療でよく使われるHMGのお話 その2

 

(文責:[生殖医療薬剤部門] 山本 健児 [理事長] 塩谷 雅英)