はなぶさ ブログ

5月のおはな

不妊治療でよく使われるピルのお話 その1

今回は「ピル」についてお話しします。

みなさんは「ピル」というとどのような薬というイメージをお持ちでしょうか。
もともと、ピル(pill)という言葉は本来は「丸い粒状の薬」という意味ですが、経口避妊薬の通称として浸透してるのではないでしょうか。

だとすると不妊治療でピルを使うというと違和感があるかもしれませんね。

ピルの成分は一般に二つの女性ホルモン、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(=プロゲスチン)の組み合わせです。
ですので、不妊治療でも使用する場面が結構あります。

 

それについては今後お話しするとしまして、
まずはピルの避妊に対する効果の仕組みをお話ししましょう。

通常は月経開始からピルの服用を始めますので、その時点からピルによって女性ホルモンが投与されることで卵胞を発育させるホルモンが脳の下垂体から分泌されるのが抑えられます。

そのため卵胞が発育せず排卵が起こらなくなります。

 

また、黄体ホルモンの働きで子宮内膜も厚くならず着床できる環境も作られなくなります。
このような作用からピルの避妊効果はほぼ100%と言われています。

(服用を開始した周期は注意が必要です)

 

次回はピルの種類・分類や飲み方についてお話しします。

 

以前の記事はこちらからお読みいただけます。

不妊治療でよく使われるクロミッドのお話

不妊治療でよく使われるレトロゾール(フェマーラ)のお話

クロミッド or レトロゾール その違いは? その1

クロミッド or レトロゾール その違いは? その2

クロミッド or レトロゾール その違いは? その3

不妊治療でよく使われるHMGのお話 その1

不妊治療でよく使われるHMGのお話 その2

不妊治療でよく使われる点鼻薬のお話 その1

不妊治療でよく使われる点鼻薬のお話 その2

 

(文責:[生殖医療薬剤部門] 山本 健児 [理事長] 塩谷 雅英)