はなぶさ ブログ

5月のおはな

不妊治療でよく使われるエストラーナテープのお話 その1

今回は「エストラーナテープ」についてお話しします。

不妊治療、特に体外受精をされたことがある方は使ったことがある方も多いのではないでしょうか。

エストラーナテープは卵胞ホルモンを成分とした貼り薬です。

卵巣から分泌される卵胞ホルモンにもいくつかの種類がありますが、その中でも最も強力なエストラジオールが主成分となります。

本来は卵巣機能が落ちて卵胞ホルモンが不足した状態のときにホルモンを補う目的で使用されます。

エストラーナテープの一番の特徴はなんといっても貼付剤ということでしょう。

貼り薬でホルモンを補うってなんとなく不思議な感じかもしれません。

貼り薬というと痛みのある個所に貼るという局所のお薬のイメージも強いのではないでしょうか。
エストラーナテープの場合は、専門的な言葉を使いますとドラッグデリバリーシステムと言って、

お薬を効率よく吸収させて目的の場所へしっかりと届けるために工夫された製剤なのです。
貼った場所で効果を現すのではなく、皮膚から吸収され血流に乗って作用部位(子宮など)まで到達して作用を発揮します。

たとえば、同じ量のエストラジオールを内服するよりもエストラーナテープを皮膚に貼付する方が利用効率がよいと考えられます。

あんなに小さいのによくできてますよね。

貼り薬がなぜ子宮で効果を現すのか分かったところで、次回は使い方や副作用などについてお話しします。

 

以前の記事はこちらからお読みいただけます。

不妊治療でよく使われるクロミッドのお話

不妊治療でよく使われるレトロゾール(フェマーラ)のお話

クロミッド or レトロゾール その違いは? その1

クロミッド or レトロゾール その違いは? その2

クロミッド or レトロゾール その違いは? その3

不妊治療でよく使われるHMGのお話 その1

不妊治療でよく使われるHMGのお話 その2

不妊治療でよく使われる点鼻薬のお話 その1

不妊治療でよく使われる点鼻薬のお話 その2

不妊治療でよく使われるピルのお話 その1

不妊治療でよく使われるピルのお話 その2

不妊治療でよく使われるピルのお話 その3

 

(文責:[生殖医療薬剤部門] 山本 健児 [理事長] 塩谷 雅英)