はなぶさ ブログ

2月のおはな

JISART施設認定 その2 JISARTってなに?

JISART(ジスアートと読みます)とはJapanese Institution for Standardizing Assisted Reproductive Technologyの頭文字を取ったもので、日本語では日本生殖補助医療標準化機関と呼ばれています。

JISARTは2003 年3 月1 日に不妊治療を専門とする医療機関によって結成された団体です。

子どもが欲しいと願うご夫婦に安心して、満足できる医療を受けていただくことを目的として活動しており、現在、全国30施設が加盟しています。

設立の理念はJISARTのホームページに次のように掲げられています。

現在の日本は、価値観やライフスタイルの多様化、晩婚化などに起因して挙児希望の叶わないご夫婦が増加しており、その夢を叶えるための生殖医療の必要性が年々増加し、世界でも有数の生殖医療実施数の多い国になっています。

生殖医療が他の医療と異なる最大の特徴は、新しい生命の誕生に直接関与することです。

そのため、生殖医療には、常に、治療の質的充実、安全性の確保、そして、高い有効性が求められます。

そこで、私たちは、2003年3月、ご夫婦に「安心と安全と満足を実感して頂ける生殖医療を提供する」という崇高な理念のもと、JISART(日本生殖補助医療標準化機関)を設立しました。

JISART加盟施設は、この理念を共有し、相互の施設審査と患者さんからのご意見、ご要望を通して治療の質的向上に努めており、ご夫婦と誕生する新しい生命の真の幸せのために活動してまいります。

 

次回はこのような理念を具体的にどのように実現していくのかというお話をしていきましょう。

 

(文責:[生殖医療薬剤部門] 山本 健児 [理事長] 塩谷 雅英)