はなぶさ ブログ

1月のおはな

栄養のキホン!? 「たんぱく質」を理想的に!アミノ酸スコアを活用

今回は、前回ご紹介した『アミノ酸スコア』についてお話をさせて頂こうと思いますグッ

このアミノ酸スコアとは食品のたんぱく質のアミノ酸組成を理想的な組成と比較してたんぱく質の栄養価を算定したものになりますキラキラ

下記の表だと牛乳、卵はほとんどが100で満点です照れキラキラ(他にスコアが高い食材に肉肉や魚魚の切り身があります爆  笑

画像元:http://www.j-milk.jp/index.html

例えばご飯だとL(リジン)が足りていないのでリジンが多く含まれている食材を取ると100に近づけることができます!!
いちごの場合はほとんどが足りていませんので、たんぱく質の補給という点から見れば食事を摂った後のデザートとして食べるのに向いた食材といえそうですドキドキ

理想的なたんぱく質の摂取を考えますと、
全ての食品のアミノ酸スコアが満点に近ければよいのですが、実際はそうではありません。
そういったときは前回記事(栄養のキホン!? 「たんぱく質」その2 アミノ酸)でもお伝えしたように、アミノ酸スコアがあまりよくないものでも、不足しているアミノ酸を含む食品と一緒に摂取すれば体内利用効率は高まるので、様々な食品を同時に摂れるよう主食・主菜・副菜が揃っているバランスのよい食事をとることがまず大切ですラブラブラブ

次回は最近よく話題になる「炭水化物」(糖質)についてお話していきますね。

※それぞれの食材に個性があるので、偏ることなくバランスよく摂るようにしていきましょう!

 

以前の記事もご参照ください。

栄養のキホン!? 「たんぱく質」その1

栄養のキホン!? 「たんぱく質」その2 アミノ酸

栄養のキホン!? NSC(ニュートリションサポートセンター)より

『ニュートリションサポートセンター』って?

NSC(ニュートリションサポートセンター)のカウンセリングって?

 

(文責:[管理栄養士] 植田 歩唯・土井 麻莉子 [理事長] 塩谷 雅英)