はなぶさ ブログ

2月のおはな

インフルエンザに罹られた場合の受診につきまして

寒い日が続いている中、インフルエンザ流行のニュースも目にするようになりました。

インフルエンザに罹患した場合は、感染拡大を防ぐために集団生活を避けるよう学校保健安全法で決められています。
それに準じまして当院でも、他の患者さまや職員に感染する可能性がある期間は、ご受診を控えていただきますようお願いしています。

その期間につきましては、法律の規定通り
発症(発熱)翌日から5日間、かつ解熱後2日間とさせていただいております。
 

 

この期間は罹患者からのウィルスの排出も多くなり、ほかの人が感染するリスクも高い時期になります。
ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。
インフルエンザは飛沫感染や接触感染によってうつります。
予防には手洗いやうがい、マスクなどが有効とされていますので、まずはインフルエンザに罹らないよう健康管理、体調管理にお気をつけいただければと思います。

以前の記事もご参照ください

インフルエンザの画期的な治療薬、新しい審査制度で初めて
インフルエンザの画期的な治療薬、どこが画期的!?
インフルエンザの画期的な治療薬、使用時に気をつけたいこと
妊娠しても大丈夫!?インフルエンザワクチンによる予防接種

妊娠初期でも大丈夫!?インフルエンザワクチンによる予防接種

妊婦さんでも大丈夫!インフルエンザワクチンに含まれる保存剤「チメロサール」

 

文責:[不妊コーディネーター部門] 山本 健児 [理事長] 塩谷 雅英