はなぶさ ブログ

2月のおはな

ヒトの体にはたくさんの細菌が棲んでいます! ⑤ 体調によって現れる日和見(ひよりみ)菌って?

私たちの体に棲みついている常在菌には、善玉菌と悪玉菌のほかに日和見菌という種類があります(下図)。

その比率は、2:1:7といわれています。

 

 

 

最も数の多い「日和見菌」は、存在していてもふつうは健康に害を及ぼすことはありません。

 

常在菌の種類や数の割合に変化が生じたとき、「日和見的」に健康を害する菌に変身するのです。

普段は善玉菌の数の力により、活動を抑えられていますが、何らかの原因で善玉菌の数が減少すると、悪玉菌になるなんて嫌な奴ですね。

 

人間の世界と似ているかもしれません。

「朱に交われば赤くなる」って言いますからね。

 

「日和見感染」は、免疫力の低下によっても発症します。

免疫力低下の要因としては、糖尿病、腎不全、肝不全、悪性疾患、エイズなどの全身疾患や加齢による体力低下、ステロイド製剤や免疫抑制剤内服によるものがあります。

 

「日和見感染」の原因菌には、抗菌薬耐性菌も含まれており、治療が困難になることが多い疾患です。

 

主要な感染症として、多剤耐性緑膿菌感染症、非結核性抗酸菌症、カンジダ症、クリプトコッカス症、ニューモシスチス肺炎、サイトメガロ感染症、トキソプラズマ症などがあります。

 

健康な人がこのような病気にかかることはめったにありませんが、病院では、免疫力の衰えた患者さんが大勢おられるので、院内感染予防のため、「日和見感染」をおこさないよう注意が払われています。

 

 

以前の記事もご参照ください

ヒトの体にはたくさんの細菌が棲んでいます! ① 善玉菌と悪玉菌のおはなし

ヒトの体にはたくさんの細菌が棲んでいます! ② その数とはたらきは!?

ヒトの体にはたくさんの細菌が棲んでいます! ③ 都会の人と田舎の人で違う!?

ヒトの体にはたくさんの細菌が棲んでいます! ④ 子宮の中の菌のお話

 

妊娠するための子宮内環境

『ハナブロQ&A』 (子宮内フローラ検査、ERA検査につきまして)

 

(文責:[研究開発部門] 長谷川 昭子 [理事長] 塩谷 雅英)