はなぶさ ブログ

2月のおはな

採卵のための排卵誘発剤で刺激、妊娠に悪影響を与えないのか?② 対象の背景について

排卵誘発剤を使って、1回の採卵で多くの卵子を得られた方が良い受精卵に巡り合える可能性は高くなると考えられますが、

 

実際の妊娠率はどうなのでしょうか?

排卵刺激によって身体の負担が増えた分、着床しにくくなったりしないのでしょうか?

 

前回から、そのような疑問に答える研究を紹介しています。

 

 

High FSH dosing is associated with reduced live birth rate in fresh but not subsequent frozen embryo transfers

(高用量のFSH製剤は新鮮胚移植において出産率を低下させたが、凍結胚移植には影響なかった。)

 
この研究では862名の女性を対象に935周期の新鮮胚移植と1274周期の凍結融解胚移植を使用したFSH製剤の量で3つの群に分けて調査しています。
今回はそれぞれの群の患者背景を見ていきます。

 

 

患者背景を見ると低刺激群の方が若い年齢層で、もともとの卵胞数が多い事が分かります。

 

これはあくまで後ろ向き調査であるため、3つの群の背景はもともと違うんだなということを頭に置きながら結果を見ていく必要がありそうです。

採卵によって得られた成熟卵の個数も低刺激群の方が多くなっています。

 

これは刺激が少ないから多くの卵が得られたわけではなく、低刺激群の中には高刺激をすると卵巣過剰刺激症候群(OHSS)を引き起こしそうな、卵巣機能の良い方が多く含まれていたからと考えられます。

 

 

 

続いて移植の状況を比較してみると、移植した日は各群大きな差は無いようです。

 

一方、移植個数は低刺激群で1個移植の割合が多くなっています。

これは低刺激群の方が良好な胚盤胞の割合が高かったため、1個の移植を選択するケースが多かったためと考えられます。

 

もともと回収卵子数も多く、移植する受精卵が少ないため、当然ながら凍結受精卵の数は低刺激群で多くなっています。

 

次回は各群でで出産率がどうであったか、結果を見ていくことにします。

 

 

以前の記事もご参照ください

採卵のための排卵誘発剤で刺激、妊娠に悪影響を与えないのか?①

たくさん採卵できた時の個々の卵子の質は悪くなったりしない?

ハナブロテーマ「排卵誘発・採卵」

 

(文責:医師部門 江夏 徳寿、理事長 塩谷 雅英)