はなぶさ ブログ

5月のおはな

不妊症の一般的な検査 ③性ホルモン検査の他にもある大事な血液検査~AMH(抗ミュラー管ホルモン)

前回お話したホルモンの検査の他にも大切な血液検査がありますので、今回はそのお話をしたいと思います。

抗ミュラー管ホルモン(AMH)でわかる卵巣年齢
近年、不妊治療に携わる産婦人科医の多くが、女性の卵巣年齢に注目するようになりました。

血液中のAMHを測ることによって卵巣予備能力がわかるようになってきたのです。

これを不妊の情報として役立てることができます。
AMHは卵巣の中にある未熟な卵胞から分泌されています。

卵巣の中に、将来排卵されて妊娠する可能性のある卵子を含んだ卵胞がたくさんあると、血液中のAMHが高くなり、卵胞が残り少なくなるとAMHが低くなります。

 

基本的にAMHの値は年齢とともに低下し、卵巣の中の卵子が残り少なくなると検出できなくなります。

若い方でも卵巣年齢が進んでいたり、またはその反対の方もいらっしゃいます。
実際の年齢と卵巣年齢の間にはズレが生じていることも多いので、これから妊娠を望んでいる方は、一度、血液検査でAMHを調べ、ご自分の卵巣年齢を知っておくことをおすすめします。

 

 

この検査は、健康保険が使えないため、全額自己負担となりますが、検査は採血だけで簡単なものです。

 

卵巣年齢が実際の年齢よりも進んでいる場合には、たとえ年齢が若くても早期の妊娠、出産が望まれますので、ぜひとも受けていただきたい検査です。

次回はその他の血液検査についてお話をしたいと思います。
 

以前の記事もご参照ください

不妊症の一般的な検査 ① 超音波検査は何のためにするの?

不妊症の一般的な検査 ②血中ホルモン検査でどんなことがわかる?

 

ハナブロテーマ 「AMH」

 

文責:[不妊コーディネーター部門] 山本 健児  [理事長] 塩谷 雅英