はなぶさ ブログ

5月のおはな

育毛剤が勃起力を弱める。その仕組みについて② 組織の大きさへの影響は

内服育毛剤であるプロペシア(フィナステリド)やザガーロ(デュタステリド)と言った活性化男性ホルモンを低下させる薬剤では、勃起力を弱める副作用が指摘されています。

 

さらに問題なのが、勃起機能が薬剤を中止した後もなかなか元に戻らないという点です。

薬理学的に活性化男性ホルモンは薬剤の中止により速やかに戻るはずですが、勃起力が戻らないのはなぜでしょうか?

 

前回からその様な疑問に答える下記の研究を紹介しています。

 

Dutasteride-mediated morphological changes in the genitourinary tract associated with
altered expression patterns of the androgen and estrogen receptors in male rats

(デュタステリドが雄ラットの尿路生殖器系に与える器質的変化)
これは私が神戸大学在職中の2016年にAndrology誌に発表した研究です。
この研究では雄ラットをコントロール群とデュタステリド内服群、去勢群の3群に分けて調査しています。

前回は男性ホルモン濃度の低下について見てみました。

 

続いて、組織の大きさと膀胱容量について各群で調査しています。

 

 

 

これを見ると、去勢群では前立腺、精嚢、ペニスともに萎縮しており、膀胱容量もやや縮小していることがわかります。

 

一方、デュタステリド群においては萎縮しているのは前立腺、精嚢のみでペニスの大きさと膀胱容量には差を認めていません。

 

もともとデュタステリドは前立腺を小さくする事によって前立腺肥大症を改善させる薬ですから、この結果は納得です。

 

次回は、各組織の線維化について見てみます。

 

 

 

以前の記事もご参照ください

育毛剤が勃起力を弱める。その仕組みについて① ホルモン濃度は

育毛剤を飲むと勃起機能や性欲を弱める。やめても元に戻らない!?

育毛剤が精子に与える悪影響について

 

(文責:[医師部門] 江夏 徳寿 [理事長] 塩谷 雅英)

 

アメンバー募集中です。アメンバーの申請はこちらから。

メッセージはこちらからお送りいただけます。ご質問等もお待ちしております。