はなぶさ ブログ

6月のおはな

くにDr.の論文日記 ~OHSS編つづき~

皆さんこんにちは

江夏ですニコニコ

 

今回ご紹介する論文もOHSSに関するもので、前回の記事の続きともいえる内容です。

 

黄体の退縮速度に違いが出る要因は?

 

トリガーにGnRHアゴニストを使用した場合、HCGを使用した場合より早く黄体の退縮が起こり、月経が訪れます。

 

本論文は、同じGnRHアゴニストを使用した場合でも、その後の黄体退縮速度に違いがあるのではないかという発想で調べられたものです。

 

著者のメッセージとしては

 

「早めに黄体退縮が始まるケースがあるから、同時に黄体賦活もしていかないと、妊娠成立しにくいよ!」

 

ということになります。

 

OHSSを予防しつつ妊娠成立させる

 

1つのテーマですね。

 

ただ、日本では凍結技術が確立されているので、OHSSが懸念されるような場合は凍結するのがセオリーです。

 

ですので、個人的には面白いなと思いましたが、実臨床的にはさほど関係ない話でしたね。

 

 

文責:


[医師部門] 江夏 国宏
2004年 慶應義塾大学法学部卒業
2012年 熊本大学医学部卒業
日本産科婦人科学会専門医

 

アメンバー募集中です。アメンバーの申請はこちらから。
メッセージはこちらからお送りいただけます。ご質問等もお待ちしております。