はなぶさ ブログ

10月のおはな

不育症の原因と治療について③ 血液の固まりやすさも要因となります

不育症について、原因やその治療についてお話しています、その第3回目になります。

(前回までの記事は下方のリンクよりお読みいただけます)

 

今回は血液の固まりやすさについてお話します。

 

 

 

血液は、傷や出血があった際には、様々な因子が働いて固まる仕組みになっていますが、

血液が固まりやすい状態が不育症の要因となると考えられていて、次のようなものがあります。

(抗リン脂質抗体症候群)
抗リン脂質抗体症候群では、血液が固まりやすく(血栓ができやすく)、胎盤の血液循環が悪くなり、流産を起こしやすくなると考えられています。

(血液凝固系異常)
プロテインS、プロテインC、血液凝固第Ⅻ因子など、血栓を予防する物質が低下することにより、血が固まりやすくなり、流産を起こしやすいとされています。

これらの場合には共通して以下の治療を行います。

治療① 低用量アスピリン療法
月経周期の高温期(排卵後7日目頃)から低用量アスピリン(100mg)錠を1日1回、1錠内服します。

通常妊娠10週あるいは27週末まで続けます。

治療② ヘパリン療法
妊娠判明時から開始します。

異常項目の種類や過去の流死産の既往により、妊娠初期のみ、あるいは分娩前頃まで、ヘパリン2500〜5000単位を1日2回皮下注射(合計1日5000〜10000単位)します。

毎日注射しますので、自己注射をご指導いたします。

治療①または②を単独で、あるいは治療①、②の併用療法を行います。

併用療法は原則として検査値が2回連続して陽性の場合の方が対象となります。

治療による副作用
低用量アスピリン療法、ヘパリン療法を行うと、通常に比べ出血しやすくなります。

ヘパリン療法開始時は、まれですが血小板減少という副作用が起こることがありますので、頻回に血液検査して異常がないか調べます。安定すれば2週〜1カ月おきに検査します。
出血の危険性が高いため、ヘパリン療法を中断しなければならない方が稀にいらっしゃいます。
また、アスピリンにより端息が誘発されることがあります。端息の既往がある方は医師にご相談ください。

次回は免疫に関連した要因についてお話したいと思います。
 

 

以前の記事もご参照ください

「不育症・着床不全外来」のご紹介

不育症 繰り返し起こってしまう流産について

不育症の原因と治療について① 内分泌の異常

不育症の原因と治療について② 子宮や感染症が要因となることも

不育症の原因と治療について④ 免疫の調整による要因も!?

 

文責:[不妊コーディネーター部門] 山本 健児  [理事長]  塩谷 雅英

 

アメンバー募集中です。アメンバーの申請はこちらから。

メッセージはこちらからお送りいただけます。ご質問等もお待ちしております。