はなぶさ ブログ

10月のおはな

『ハナブロQ&A』 採卵前周期のプラノバールは何日飲むのが良い?

ご質問
はじめまして。都内で不妊治療しています。

いつもブログを参考にさせていただき、大変勉強になってます。

採卵前にプラノバールを服用してリセットすると採卵数が良いので繰り返してます。
AMH 0.6、40歳です。
いつもプラノバールは10錠処方されます。

いくつかのネットの記事では卵巣機能の悪い人はプラノバール7~10錠が良いと見ました。

 

7錠でも8錠でも9錠でも10錠でも、7錠以上飲んでいれば結果は変わらないのでしょうか?

吐き気がすごいため、結果が変わらないのであれば7錠処方にしてもらおうかと思いました。

(吐き気止めなどはなるべく飲みたくありません。)

具体的には
今までのプラノバール服用後は月経5日目で受診しており、その採血結果が以下になります。
1回目
プラノバール9錠服用後、D5受診
E2:19.0、LH:1.0、FSH:4.7

2回目
プラノバール10錠服用後、 D5受診
E2:34.7、LH:1.1、FSH:6.2

お手数おかけしますが、プラノバールを飲む数が7~10錠の間であれば全く結果は変わらないのかどうか、教えていただけると嬉しいです。お忙しい中、大変お手数おかけしますがご対応よろしくお願い致します。
 

 

 

 

お答え

 

いつもハナブロをお読みいただきありがとうございます。

ご質問ありがとうございます。
プラノバールを内服する目的は、卵胞がバラバラに発育するのを抑えておくためです。
質問者様はいつも月経5日目に受診されるとのことですが、その時点で卵胞が大小バラバラに発育している状況を避けるということです。

ネットで見られたという
「卵巣機能が悪い人に7~10日」
というのは、おそらく機能性子宮出血に対する処方の話ではないでしょうか。
これは目的が全く違っており、黄体機能不全に起因する出血を止め、しっかりと月経を起こすのが目的です。
採卵前に卵巣の状態を整えるのとは意味が違いますので、そのまま当てはまるものではありません。
とはいえ、7~10日ではダメかというと、そうでもないと思います。

採卵前周期の内服については、当院では一律12日間の内服としています。
ですので
「内服10日と7日で効果が変わらないかどうか」
については推測でお答えするしかありませんが、変わらない可能性が高いと思います。
(※ここで言う「効果」とは、「卵胞の無秩序な発育を抑制する」という意味です。)

内服開始を前にずらすべきか後ろにずらすべきかについては、
後ろにずらすべきだと思います。
「プラノバール内服が終了したら数日以内に月経が来て採卵周期に入る」
という流れが望ましいですが、
早めに7日間の内服が終わってしまうと、黄体機能が持続しているため月経が来ないからです。
その間にランダムな卵胞発育が始まると、当初の目的を達成できなくなる恐れがあります。
ですので
「排卵から1週間後に内服を開始し7日間服用する」
でよろしいかと思います。

 

 

 

文責:[医師部門] 江夏 国宏  [理事長] 塩谷 雅英

 

アメンバー募集中です。アメンバーの申請はこちらから。
メッセージはこちらからお送りいただけます。ご質問等もお待ちしております。