ドクター・スタッフ一覧

10月のおはな

統合医療

スタッフプロフィール

鍼灸師

鍼灸師

鍼灸室たんぽぽでは受精卵を着床し、妊娠を維持する目的で不妊治療に焦点を絞り、より効果的な専門治療を患者様に日々提供させて頂いております。

不妊治療に最も効果の高い下腹部の治療ポイントを経穴と反応点で探し、温灸施術で内臓(子宮・卵巣)に向かって深部まで熱感を到達させます。

温灸は冷と湿を取る効能があり、女性の疾患改善には効果が高い治療法です。不妊治療以外の副産物として、足腰の冷え、生理痛、便秘などに効果があります。また、体を温めることで免疫力が高まり、インフルエンザ、風邪にかかりにくくなります。

経絡治療では表裏関係にある足の太陰脾経と陽明胃経の中で治療点を探し、体の陰陽のバランスを整えながら、患者様一人一人に合う、効果的な治療点に円皮鍼を打つことにより、翌日以降の効果が期待できます。

レーザー治療

レーザー治療

レーザー光線が不妊治療にも効果があることが明らかになってきています。内科的レーザー(低反応レベルレーザー治療:LLLT)と呼ばれる、身体を傷つけたりすることのない弱いレベルのレーザーを使用することにより、血行改善、新陳代謝の活性化を促し、卵子の質の向上、子宮内膜の増加、妊娠率の上昇に有効であるといわれています。近赤外線という、私たちが日常浴びている光の一つで、大きな副作用の報告はなく、施行中の痛みもありません。治療用レーザーとして厚生労働省の承認を得た機械を使用します。以下のような効果が報告されています。

  • ホルモンバランスの改善・疲れにくくなる
  • 子宮、卵巣の血流増加・冷え症の改善
  • 子宮内膜が厚くなる・肩こり、腰痛の改善
  • 卵子の質がよくなるなど

週1回ペースで、最低4・5回続けていただくことをお勧めしていますので、継続での治療をご希望の方は、週1回、曜日と時間枠を固定で予約していただいております。
レーザー治療をご希望される方は、初回までに医師の問診、及び同意書の提出が必要です。癌の既往のある方、ペースメーカー装着の方、妊婦さんには施行しておりません。