英ウィメンズクリニック

HANABUSA WOMEN'S CLINIC

FT(卵管鏡下卵管形成術)

診療・治療

卵管に障害があると体外受精の選択を余技なくされることも少なくありませんが、卵管を広げる手術「卵管鏡下卵管形成術(FT法)」によって自然妊娠を期待できます。

FT法は狭くなっていたり、詰まっている卵管を通すために行うカテーテル手術です。卵管腔内の病態を直接把握し、卵管形成を行います。

特許・開発について

FT法に用いられる卵管鏡は、円筒状の伸長性バルーンカテーテルとその内側に毛髪ほどの細さのカメラを組み込んだシステムです。その為、技術の習得が大変難しく、日本では当院を含め20施設程度しか実施出来ません。

正常な卵管内腔

図解

1

細い内視鏡(卵管鏡)を内蔵した細い管(カテーテル)を用意します。

2

カテーテルを膣から子宮へと挿入し卵管に近づけます

3

カテーテルの風船(バルーン)を膨らませて、卵管の中へバルーンを進めます。

4

詰まっているところを広げます。

5

卵管内の様子を卵管鏡を使って観察します。

FTが有効なケース

卵管の閉塞や狭窄の卵管性不妊に用いられ有効性のある治療法です。

母体への負荷を軽減、保険適用

簡単な麻酔が施されるため痛みはほとんどなく、日帰りで行う手術の為、体への負担が少ない治療法です。また、費用面では保険適用が適用されるメリットもあります。

FTの治療成績

治療効果は非常に良好です。治療成績としては、卵管の開口は80%以上に確認され、他に不妊要因をお持ちでなければ術後の妊娠率にも直接反映されます。しかし、40代以上の方にはおすすめしておりません。

当院ではFT法後6ヶ月を大切な期間とし、FT法の効果が高いうちにタイミング療法等で早めに妊娠することが望まれます。

FT後妊娠までの期間

当院では、習熟した先生達により、卵管内のひだの状態も左右確認しても約15分-20分で終了いたします。ほとんどの方は翌日からの痛みもありません。また、高度医療補償制度が適応されることもあります。卵管因子により他院で体外受精などすすめられて、自然妊娠をご希望のあなたにとって有効な治療方法である可能性がありますので外来でご相談ください。

参考情報

初診をご希望の方

初診・診察ご予約ダイヤル

078-392-8723

  • 8:30~16:00
  • 8:30~15:00
初診・診察ご予約ダイヤル

078-704-5077

  • 9:00~13:00
    16:00~19:00
  • 9:00~13:00
初診・診察ご予約ダイヤル

0798-63-8723

  • 10:00~19:00
  • 10:30~15:30
初診・診察ご予約ダイヤル

078-391-8723

  • 17:30~20:00
  • 17:00~19:00
  • 10:00~15:30
  • 10:00~14:00
診察ご予約は
こちら
さんのみや診療予約 たるみ診療予約
loading