不妊治療の知識

3月のおはな

体外受精・胚移植法(顕微授精法も含む)の 8つのステップ

体外受精・胚移植法は次の8つのステップから成り立っています。

 

  1. 治療の準備(予備検査、教室参加など)
  2. 排卵誘発治療(良質の卵子を育てます)
  3. 採卵(通常、麻酔を行います)
  4. 受精の成立(体外受精、顕微授精)
  5. 胚(受精卵)の培養
  6. 胚移植
  7. 黄体補充療法
  8. 妊娠判定(血液検査、尿検査)

 

(1)治療の準備(予備検査、教室参加など)

体外受精教室を毎月2回定期的に開催しております。こちらでは、治療の実際について詳しく解説致します。教室参加を通じて皆様の治療に対する不安や疑問を解消出来るよう努力しております。実際の治療を開始する前には、予備検査(子宮鏡検査や模擬胚移植)をお勧めしています。予備検査の内容は皆様の状態によって異なりますので、その際に担当医からご説明致します。

(2)排卵誘発治療(良質の卵子を育てます)

1回の治療あたりの妊娠率を高める為には、良い卵子を複数個育てることが大切です。排卵誘発剤を使ってなるべく良質の卵を育てます。目標は受精卵4個以上です。受精卵が4個以上育てば、1回で妊娠出来る可能性が高くなるからです。排卵誘発治療に用いるお薬は、卵子を育てるHMG製剤、卵子の成熟を開始させるHCG、自然排卵を抑えるGnRHアナログとGnRHアンタゴニストという4種類のホルモン剤です。GnRHアナログは通常、点鼻スプレータイプのものを使用します。この点鼻スプレーの使用期間の長短、有無によって排卵誘発法は次の7通りに分類されます。

  1. ウルトラショートプロトコール
  2. ショートプロトコール
  3. ロングプロトコール
  4. ウルトラロングプロトコール
  5. クロミッド、セキソビッド療法
  6. アンタゴニスト法
  7. 完全自然周期

 

1. ウルトラショートプロトコール

月経3日目から点鼻スプレーを使用し、同じく月経の3日目からHMG製剤の注射を7日~10日間ほど連日行います。点鼻スプレーは原則として、1日3回、およそ8時間おきに、両方の鼻にスプレー(1日6噴射)をします。

2. ショートプロトコール

月経開始日から点鼻スプレーを使用開始し、月経の3日目からHMG製剤の注射をやはり7日~10日間ほど連日行います。点鼻スプレーは原則として、1日3回、およそ8時間おきに、両方の鼻にスプレー(1日6噴射)をします。このスプレーは採卵2日前の夜まで続けます。

3. ロングプロトコール

治療前周期の黄体期(高温相)に点鼻スプレーを使用開始し、月経の3日目にHMG製剤の注射を7日~10日間ほど連日行います。点鼻スプレーは原則として、1日4回、およそ6時間おきに、片方の鼻にスプレー(1日4噴射)をします。このスプレーは採卵2日前の夜まで続けます。

4. ウルトラロングプロトコール

治療前周期の黄体期に点鼻スプレーを使用開始、あるいは皮下注射タイプのGnRHアナログであるリュープリンやゾラデックスを使い、血中のエストロゲンが50以下になるのを待ってから、卵胞刺激ホルモンの筋肉注射を7日~10日間ほど連日行います。

5. クロミッド、セキソビッド療法(体に優しい方法、フレンドリー法です)

点鼻スプレーを使用しません。通常、月経3日目からクロミフェンの内服あるいはシクロフェニールの内服を開始します。場合により、HMG製剤の注射を2日~5日間ほど連日併用する事もあります。

6. アンタゴニスト法

月経周期3日目から排卵誘発薬の投与を開始し、卵胞が大きくなったところで排卵を抑えるアンタゴニストを開始します。アンタゴニストは輸入薬となります。アンタゴニストは1回7500円で通常3~5回使用します。

7. 完全自然周期(体に優しい方法、フレンドリー法です)

一切排卵誘発剤などを使用せず、自然に発育する卵を利用して治療を進めます。お薬のアレルギーが心配な方などにメリットがあります。

以上の7通りの排卵誘発方法の中から、個々の患者様に最も適した方法を選択します。当院では、一度の治療での妊娠率を高めるため、複数個の卵子の発育を期待できるショートプロトコール、ロングプロトコール、アンタゴニスト法のいずれかをお勧めする事が多くなっております。しかし、個々の患者様の卵巣機能や子宮内膜の状態に応じては、体に優しい方法(フレンドリー法)として、クロミッド法やセキソビッド法をお勧めすることも少なくありません。

(3)採卵

卵巣から卵子をいったん体外に取り出します。これを採卵といいます。HCG注射後、約40時間後に排卵が起こりますから、排卵が起こる前、つまりHCG注射実施日の2日後の朝8時~10時前後に採卵を行います。通常、点滴を行いながら静脈麻酔を施しますので、採卵中は眠った状態になります。発育卵胞が少ない場合には、痛み止めの坐薬だけで採卵を行う場合もあります。超音波を見ながら経膣的に卵胞を穿刺・吸引して卵子を取り出します。採卵した卵子はすぐに培養液の入ったディッシュに移され、培養器(混合ガス低酸素培養器)の中に保管されます。採卵は約15分で終了し、数時間ベッドでお休みいただいた後に帰宅していただけます。

(4)受精の成立(体外受精、顕微授精)

採卵終了後、ご主人には精液を採取していただきます。当日、ご都合が悪く当院に来院することの出来ない場合には、予めお渡しします精液容器に、精液をご自宅にて採取し、持参して下さいますようお願い致します。また、精液を予め凍結して保存しておく方法もございます。精液は、培養液にて遠心分離・洗浄し、スイムアップ法及び密度勾配遠心分離法で運動良好精子を選択回収します。
こうして集めた精子を、卵子をいれたシャーレの中におよそ10~20万/mlの濃度になるよう調整して加えます。これが媒精です。 精子の状態が弱く、受精能が低いと考えられる場合には顕微授精治療(ICSI)を行います。これは、顕微鏡で見ながら、極細のガラス針に精子を1個だけ吸い込み、この針を卵子に穿刺し、精子を卵子の細胞質の中に注入する方法です。乏精子症患者様でも精子が1個でも見つかれば、この顕微授精により妊娠のチャンスがある時代となりました。
媒精の翌朝の観察で前核が2つ観察される卵が受精卵です。前核を有する受精卵を前核期胚といいます。
icsi090226.jpg

(5)胚(受精卵)の培養

 


koudo_01.jpg

(6)胚移植:胚移植:初期胚移植、胚盤胞移植、SEET(シート)療法
初期胚移植

この受精卵を培養器の中でさらに培養します。採卵後2日目から3日目に4細胞から8細胞になった胚を初期胚と呼びます。この初期胚1個を移植カテーテルを用いて子宮内に移植を行うことを初期胚移植といいます。胚移植には殆ど痛みを伴いませんので麻酔は行いません。胚移植後は移植した胚が子宮の中に留まるよう十分に休んで頂きます。通常、残りの受精卵は初期胚の状態で一部凍結保存し将来に備えます。この時点で凍結しなかった初期胚はさらに2~3日培養を続け、100〜200細胞の胚盤胞となったところで凍結保存し将来に備えます。当院ではこの胚盤胞を培養したときに使用した培養液を凍結保存しておき、将来のシート法(SEET)にそなえます。

シート法(SEET)

初期胚移植で妊娠できた場合には、凍結した胚はお二人目の希望があるまで保管いたします。妊娠できなかったときには凍結しておいた胚での妊娠を目指します。ここで、お勧めしたいのが当院が発案したシート法(SEET)です。シート法(SEET)ではまず、予め凍結しておいた培養液を先に子宮の中に注入します。この培養液はご本人の受精卵を培養した培養液であり、受精卵のエキスをたっぷりと含んだものです。この受精卵のエキスで刺激され、妊娠の準備を整えた子宮に、凍結しておいた胚盤胞を1個融解して移植します。これがシート法(SEET)です。通常、受精卵のエキスを注入してから3日後に胚盤胞を移植します。

2段階胚移植

初期胚移植やシート法(SEET)で妊娠にいたることが出来ない場合、当院と滋賀医科大学野田洋一名誉教授で協同開発した2段階胚移植をお勧めすることがあります。これは、まず4〜8細胞期の初期胚を1個移植しその2〜3日後に胚盤胞を1個移植、合計2個移植する方法です。移植する胚は合計2個となります。
多胎(双子)のリスクが伴う治療ですので、最初からお勧めすることはありませんが、治療の成果がなかなか得られない場合にはお勧めする選択肢の一つとなります。

模擬胚移植についてのご説明

*移植に手間取ったり、出血したり、また移植する位置が適当でないと妊娠率は低下してしまいますので、子宮腔にスムーズに胚を移植する必要があります。当院では移植用のカテーテルとして、原則として北里や富士システムズのソフトカテーテルを用い、約20μlの培養液とともに移植を行っています。
ソフトカテーテルの挿入が困難である場合、スタイレット付きのカテーテル(ウオレス、北里など)を使います。当院では、予め治療を開始する前にどのカテーテルが良いか決めておきます。これを模擬胚移植と呼び、外来診察の際に模擬的に子宮内にカテーテルを実際に挿入して確かめます。通常この模擬胚移植は苦痛を伴いません。

(7)黄体補充療法

移植後の受精卵が着床を開始する為には黄体機能が大切です。ちなみに黄体機能とは、排卵後の卵巣からの黄体ホルモン及び卵胞ホルモンの分泌機能を指します。この2種類のホルモンは、子宮内膜に作用して子宮内膜を着床準備状態に調整し、着床後は、胚の発育を助ける作用を持っています。当院では、黄体補充療法として、HCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)や天然型プロゲステロンの筋肉投与及びプロゲステロン坐薬を使用します。
HCGを使う場合は3日毎に合計3回投与します。天然型プロゲステロンの筋肉投与を行う場合には、プロゲホルモン25~50mgを1段階目の移植日より妊娠判定の前日まで、毎日およそ12日間連日で行う事となります。ルトラール、デュファストンやプレマリン、エストラダームなどを用いることもあります。どの方法を選択するかにつきましては、個々の患者様の黄体機能を念頭におき、担当医が皆様にご提案致します。

(8)妊娠判定

採卵後15日目頃、外来にて妊娠成立の有無を判定致します。通常、血液検査にて判定致しますが、まれに尿検査で判定を行うこともあります。妊娠成立を確認出来ましたら、妊娠が安定するまで黄体補充療法を継続して参ります。
実際の手順は以上のようですが、これは原則的なもので、患者様の状態により上記とは異なることもありえますのでご了承下さい。実際の手順については、その都度スタッフがご説明致しますのでご安心下さい。