ニュース

5月のおはな

《皆様へ》2022年4月から、不妊治療に保険が使えるようになります

今までは、人工受精や体外受精、顕微授精には保険が適用されませんでした。

 

不妊治療を行っていたご夫婦で、金銭的負担のためストレスを抱えていた方は非常に多かったのではないでしょうか。

 

今回の保険適用は治療中の多くの方の負担を軽減する措置であり、我々としても嬉しく思っております。

 

一方で、保険診療は標準治療が対象となりますので、今まで当院で行っていた治療の中で保険適用とならなかった治療もあります。

 

当院では開院当初より、世界最先端の技術を提供する事を使命として日々研鑽しており、皆様に世界最高峰の医療を提供することによって、高い実績を上げてきました。

 

今後、その様な最先端医療が必要な方に対しても当院の使命を果たすため、必要に応じて自費診療も従来どおり継続していきます。

 

制度上、保険診療を行いながら保険外診療を提供することができないため(混合診療の禁止)、その場合は全てが自費診療となります。

 

なお自費診療につきましても、現在まで価格設定が施設によって違うという問題点があり、患者さんの不安につながっていたかと思います。

 

当院では保険点数が決まっている医療行為につきましては、自費の場合も保険点数とおりの料金としたいと思います。
つきましては、窓口負担は保険診療の場合は保険点数×10円の3割負担、自費診療の場合は保険点数×10円の10割負担(税別)となります。

 

私たち英ウィメンズクリニックは不妊で悩んでおられる みなさんの立場に立って、最先端の技術のみならず、心身両面からサポートすることをクリニックの方針としております。

 

今回の保険適用が、多くのご夫婦にとって助けとなることを願っております。

 

英ウイメンズクリニック 理事長

塩谷 雅英