研究開発・学会発表

4月のおはな

第78回 兵庫県産科婦人科学会総会ならびに学術集会プログラム

学会名

第78回 兵庫県産科婦人科学会総会ならびに学術集会プログラム

日・場所

平成16年6月20日(日) 神戸市医師会本館

タイトル

反復ART不成功例に対する透明帯除去胞胚を用いた 2段階胚移植の有用性

発表者名

笠原 優子、後藤 栄、北川 勝、橋本 洋美、泉 陽子、吉村 由香理、坪内 美紀、 松木 俊英、徳江 繭子、江口 素子、門間 千佳、渡部 純江、塩谷 雅英
英(はなぶさ)ウィメンズクリニック 
野田洋一 滋賀医科大学 産婦人科

【発表の概要】

【目的】反復ART不成功例に対し、0.8%プロテアーゼを用いた透明帯除去(ZF)を行った胞胚を用いて2段階胚移植を行い、その有用性について検討した。

【方法】過去に少なくとも1回以上の2段階胚移植を含め2回以上の胚移植を行ったが妊娠に至らなかった21症例を対象とした(ZF群)。コントロール群はZFを施行しないで二段階胚移植を行った23例とした。

【成績】ZF群とコントロール群でそれぞれ平均年齢は36.2歳と34.5歳、平均ART回数は4.2回と4.3回、妊娠率は21例中12例(57.1%)と23例中 9例(39.1%)、移植周期あたりの継続妊娠率は21例中9例(42.9%)と23例中8例(34.8%)であった。

【結論】反復ART不成功例に対して、透明帯を除去した胞胚を用いた2段階胚移植はコントロール群と比較して妊娠率は高くなる傾向をみとめたが、継続妊娠率には差をみとめず、今後症例数を増やしさらなる検討が必要である。